カタクリの花の季節ですね!それにしても花の形が・・・

随分暖かくなり春めいてきました。
明日は雨の様なので、今日は妻とおでかけをすることに。

車で30分くらい行ったところに、カタクリ(片栗)の群生地があるので行って来ました。
これが市の天然記念物に指定されている場所なんです。

残念ながら、早すぎました一輪も咲いていません(笑)

スポンサーリンク

カタクリの花、知っていますか?

カタクリの花ってどんなものか分かりますか? 私も、最近までカタクリの花なんて
どんななのか全く知りませんでした。

katakuri

近くに市の天然記念物に指定されている
カタクリの群生地があるから行ってみようよ

と妻にうながされて出向いたのが数年前

カタクリ? 片栗粉の元の植物?

もうこんな状態でした(笑)

実際に見に行ったら群生地というだけあってあちらこちらで花が咲き誇っていて
とてもキレイ。ユリ科で小さくて可愛らしい花なんですよね。

カタクリの季節

咲いているシーズン(季節)は、場所にもよりますが、3月下旬 ー 5月までの間
の2週間程度とのこと。 桜などと一緒で、本当に短い期間だけですね。

それにしても、観賞用以外の植物の花って分からないですよね。
結局、花屋さんにある花以外はほとんど分からないということでしょうか。

以前、蕎麦の花を見た時も感動した事がありましたが
カタクリの花は、もっと衝撃的だったかもしれません。

カタクリの花言葉

ちなみに花言葉は
「初恋」「嫉妬」「寂しさに耐える」

嫉妬というのはピンときませんが、それ以外の言葉はなんとなくこの花には
ぴったりな気がします。ちょっと切ない感じがあります。

最近少し勉強を始めた「万葉集」にもかたくりの花を使った詩がありました。
ご紹介します

もののふの 八十(やそ)をとめらが 汲みまがふ 寺井の上野 かたかごの花
(おおぜいのおとめたちが、入り乱れて水を汲む、寺井のほとりの、かたくりの花よ)
by 大伴家持

昔は片栗ではなく、堅香子(かたかご)と言っていたようですね。

片栗粉の原料・・・実は

話は少しそれますが・・・
片栗粉って、実はカタクリのからはとられていないんだそうです。

昔は、カタクリの球根からでんぷんを取り出していたものを片栗粉として使って
いたんだそうですが、精製量がわずかなため、最近ではかわりにジャガイモや
サツマイモのでんぷんを使用しているとか。

個人的には、小麦粉で揚げる唐揚げよりも、片栗粉で揚げる竜田揚げの方が
好きだったりします。

あ、結局、花より団子ですね・・・(笑)

スポンサーリンク

カタクリの花の名所

全国のカタクリの花の名所が紹介されているHPがありましたのでご紹介します。

全国のカタクリの花の名所一覧表

群生地のカタクリの花は本当に一見の価値があります。
当時、花にはほとんど興味が無かった私も、感動したのを思い出します。

是非、一度目にすることをおススメします。

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です