統合失調症と心身症の違いとは? 症状について

統合失調症 」 「 心身症 」 テレビ・雑誌、インターネット、何を見てもこの言葉って目にしますよね。

精神障害の一つという事は分かるのですが、一体何がどうちがうのか?
最近テレビを見ていても説明が無くて、よく分からないので調べてみました。

メンタルヘルス

きっかけは旅客機墜落事故の報道です。

スポンサーリンク

ドイツ旅客機墜落事故原因について

ドイツの旅客機墜落事故で、ボイスレコーダーの解析によりアンドレアスルビッツ副操縦士の意図的な操作が原因で発生したとみられています。

自宅からは当日の乗務を控える旨の診断書が見つかったなどの報道もあり、ルビッツ副操縦士は精神障害を持っていたのでは?との憶測が飛び交っています。

実は、過去に機長の精神障害が原因で、墜落した事故が日本でも起きています。

過去に日本で起きた、機長による意図的な墜落行為

今から33年前になりますが、1982年(昭和57年)2月9日 JALのDC-8型飛行機が羽田空港に着陸中、片桐機長による「逆噴射」操作により失速、羽田沖に墜落するという事故が起きています。

逆噴射というのは、飛行機を前へ進ませるためのエンジンの推力を、逆向きに働かせ、ブレーキの役割をしています。
通常は、飛行機が滑走路に接地してから操作がされるもので、飛行中には決して操作されません。
※ 尚、現在の旅客機は飛行中には逆噴射の操作が出来ないようになっているようです

つまり、全くあり得ない操作を機長がとったということで大問題になりました。
片桐機長は「心身症」の診断が出されていたと報道されていました。

心身症? 統合失調症?

今回のルビッツ副操縦士も片桐機長のケースも、報道によって「心身症」とか「統合失調症」とかまちまちですね。

この2つは報道によっては、精神障害として同じように使われているけれども、同じことなのか?
どうもよく分からないので、調べてみました。

心身症とは?

日本心身医学会によると、心身症についての定義は以下の様になっています。

身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし
機能的障害が認められる病態をいう。
ただし神経症やうつ病など他の精神障害に伴う身体症状は除外する。

こういう文は、分かりにくいですね(笑)

簡単に言うと、何か「心」に起因することで、「身体」に影響が出る病気のことだそうです。

例をあげれば、「ストレスで胃が痛くなる」「心配しすぎで眠れなくなる」などが心身症にあたります。

ただし書きにあるとおり、神経症、うつ病 などの他の精神障害に伴う身体症状は除外するとあります。
つまり、統合失調症は「心身症」とは別という事になります。

統合失調症とは?

では、統合失調症と心身症は何が違うか?ということですが
統合失調症は英語名は「schizophrenia」(スキゾフレニア)となっていて、一部の海外メディアでは、ルビッツ副機長の報道時にこの言葉が使用されています。

統合失調症には以下の特徴があります
幻想・妄想
会話や行動の障害
感情の障害
意欲の障害

幻想、妄想のケースでは、実際には無いものを現実にあるものとしてとらえてしまい、自分の悪口を言っている声が聞こえるとか、誰かに見張られている、追われているなどの感覚を、周囲が何を言っても受け入れない、かなり強い確信を持って信じている状態にあることが多く、ひどい被害妄想状態となることがあるんだそうです。

スポンサーリンク

つまり結論としては・・・

「統合失調症」と「心身症」は症状としては全くの別

ただ、統合失調症の人が、同時に心身症を患う事は非常に多いので、診断としては両方されているケースがあるようです(うつ病の人が睡眠障害を持っているケースなどもこれにあたる)

飛行機を墜落操作させてしまうといった異常な行動をとる原因としては「統合失調症」の特徴である幻想や妄想により引き起これれていると考えられるのでしょう。

しかし、こういった診断が自己申告でしか会社が分からない体制という事であれば、そこに大きな問題があった様に思われます。日本の航空会社では片桐機長の事故のケースを受けて、このあたりの対策が各社ともしっかりとられているようです。

いずれにしても、正しく原因が究明されて、きちんとした対策がとられる事を願うばかりです。

統合失調症、厚生労働省によると、100人に1人弱がかかる頻度の高い病気だそうです。
他人事ではりませんよね。

セルフチェックができるサイトがありましたので、ご紹介しておきます。

統合失調症セルフチェック

私も、やってみました。先の幻想・妄想の状況からして全く関係ないかなと思いましたが、中には当てはまるものもありました。

統合失調症の原因は不明ですが、いずれにしてもストレスを溜めない生活を心がけたいですね。

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください