気象庁は出しているのか!? 天気予報 長期(2週間・月間)の予報を知る方法 その2

 天気予報  2週間先の天気を知る方法の その2です。

その1 を、まだ、ご覧になっていない方は、こちらからご覧いただけます。
⇒ 気象庁は出しているのか!? 天気予報 長期(2週間・月間)の予報を知る方法 その1

135886

日本の気象予報の制度によって、週間天気予報の様に予報できるのが「 10日間 」 までという事が分かりました。

従って、日本気象協会 tenki.jp が出しているような、「 10日間予報 」というのが、前回の段階では、最も先まで知る事のできる天気予報でした。 

スポンサーリンク

2週間天気予報

しかしながら、実は、2週間の予報をしているサイトがあります。 The Time Now.com というサイトです。  
The Time Now.com

週間天気予報スタイルで2週間分、まさに求めていたものです(笑)

このThe Time Nowは、その名前の通り、元々は世界の各地の正確な時刻を表示してくれるのですが、天気予報もしてくれる大変便利なサイトです。

ただ、このサイトの2週間天気予報の精度がどれくらいなのかは、全く分かりません。
気象庁の週間天気予報の様な「信頼度」といった表記もありません。

また、調べられるのは日本の中でも一部の主要都市のみとなります。

なぜ、10日間を超える予報ができるのか・・・??

それにしても、気象庁(国交省)によって、10日間を超える場合には、5日を最小単位とする予報をしなければいけないはず。 どうして、2週間も予報できているのでしょうか?

それは、実はこのサイトの運営者が、日本の企業や団体ではないからです。
日本の法律による制限や、日本の官庁に指導される立場にないので、気象庁による10日間という制限もありません。

世界の天気予報ならば、ひょっとして・・・

それならば、ひょっとして海外の天気予報だったら、2週間と言わず、月間とかあるのでは? と思いあらためて、探してみたところ・・・・ありました!(笑)

なんと、月間どころか45日間 」も見ることが出来ます!

AccuWeather.com というサイトです。
⇒  AccuWeaterh.com

確かに45日間しっかりと表示がされていました。
ただ、こちらのサイトも、日本の主要な都市しか検索できません。

それにしても、さすがに
45日も先の予報だと、本当に当たるのかなぁ~ と思ってしまうのは、日本人だからでしょうか?(笑)

日本では、長期天気予報は10日先まで(実際には7日先のところが多い) に対し、アメリカでは、45日も先の天気予報がされているというのはおもしろいですね。

国民性の違いが出てるんでしょうかね。

スポンサーリンク

まとめ  ~  天気予報をうまく使いこなす

天気

さて、ここまで長期の天気予報について色々調べてきましたが、やはり日本の気象状態は日本の天気予報で知るのがいいのかなぁ~というのが個人的な結論です。

特に、気象庁が出している「 週間天気予報 」 ここに表記されている「 信頼度 」も確認し予報の信頼度も考慮しながら、確認できるのは非常に良いと感じましたね。

そして、それ以上の期間の天気予報は、以下を見比べて確認すると効果的だと思います。
 ・日本気象協会 tenki.jp 「 10日間天気予報 」
 ・The Time Now.com 「 2週間天気予報 」
 ・AccuWeather.com 「 45日間天気予報 」

また、これ以外にも、ネット上でも多くの天気予報があります。

調べる事のできる「エリア(場所)」 や、「 期間 」 も違うので、色々調べてみて、ご自分にあった天気予報を探してみるのもいいかもしれません。

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です