珈琲(コーヒー)に関するミニ知識・効能や誤解など その2 

珈琲(コーヒー)に関する話題の続きです。
今日は、コーヒーの効能 について書きたいと思います。

珈琲(コーヒー)に関するミニ知識、誤解やコーヒーの効能など その1を
まだご覧になっていない方は、是非ご覧下さい。

珈琲(コーヒー)に関するミニ知識・効能や誤解など その1


スポンサーリンク

珈琲  と  「すい臓がん」 の関係

さて、コーヒーの効能を語る上で、「すい臓がん」は外せません。

コーヒーの効能に関するもので、最も混乱するのが
このすい臓がんに関してです。

コーヒーは、すい臓がんにとって
良いものでしょうか?
悪いものでしょうか?

1980年代に、アメリカの研究機関から

コーヒー」が すい臓がんのリスクを上げる

という調査結果が出されました。

この研究結果により、長い間

コーヒーの摂り過ぎ ⇒すい臓がん 

という事が常識として植えつけられてしまいました。 

今でも、まだ  コーヒーがすい臓がんの危険因子である   といった情報は
あちらこちらで聞こえます。

ところが!

2007年に、日本癌学会の総会において・・・
厚生労働省研究班(主任研究者:津金昌一郎 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター)により、驚きの研究結果がだされました。

コーヒーを高摂取している男性において
すい臓がんになるリスクが低い 

この調査では、すい臓がんに関係があるとされている要因

  • 年齢
  • 肥満指数
  • 運動
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 糖尿病歴
  • 居住地域 など

これらを考慮しているので、信頼度としては高いものでした。

それでも、コーヒーを高摂取している女性には顕著な結果は出ずに
なぜ男性だけが出ているのか?

という点は不明のままです。

実はコーヒー以外の何か他の要因が関係している可能性も否めない
という結果となっています。

現在、この発表をした「 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 」での
最新の情報では・・・

コーヒーがすい臓がんのリスクを減らすとは、言い切っていません。

調査結果の事実は事実として、しかしそれだけで

コーヒーが男性のすい臓がんに効果がある

とは、言えないということなのでしょうね。

ただ、他国での研究成果などでも・・・

コーヒーの摂取がすい臓がんを低減させる可能性が高い

というのが現時点での、おおむねの意見の様です。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センターのHPは、こちら
 ⇒ http://epi.ncc.go.jp/

珈琲  と  その他のがん

さて、それ以外の「がん」についてですが・・・

現時点では、「 肝臓 がん 」「 大腸がん 」 のリスクを低減させる効果が
コーヒーにはあるということが、ほぼ確実だと言われています。

ただこれも、まだ現時点では「ほぼ」であり、はっきりとした確証がとれていないので
コーヒーを飲む習慣が無い人に、あえて飲む事を勧めるほどではないとの事。

なんだか歯切れが悪い研究結果ばかりですね・・・(笑)

コホート研究(追跡調査)の結果を受けて、

そのメカニズムがはっきりと解明されない限り
やはり可能性の一つでしかないとうことなのでしょうね。

コーヒーの効能

<糖尿病>

がん以外で、コーヒーの効能について確認されていることがあります。
それは、生活習慣病でもある糖尿病を予防するというものです。

コーヒーの代名詞ともいえる、カフェインには、インシュリン分泌作用があります。

また、コーヒーに含まれているマグネシウムや、クロロゲン酸(ポリフェノール)にも
同じ様な作用があるのではないかと言われているそうです。

ただ、これもあくまでコホート研究での結果であり、なぜそうなのか?
という理由など具体的なメカニズムまでは、まだ明確な解答が得られていないようです。

うーん、またか!という感じですね(笑)

<ダイエット>

関連して、コーヒーがダイエットに良いという話も広く出回っています。

しかしながら、これも相反する研究結果があり、いいのか悪いのか、はっきりしていません。

<リラックス効果>

また、コーヒーの香りには リラックス効果 があり、その事ががん抑制効果 につながっているという研究結果があります。

淹(い)れたてのコーヒーの香りはなんともいえないですよね。
それに効能があるならば言う事なしですね。

コーヒー(抽出液)の栄養成分

栄養成分は以下の通りです。
<食品成分表より>(文部科学省)

 ※ コーヒー1杯(190ml)あたりの成分

コーヒーの栄養成分

コーヒーですからね、とりたてて滋養に優れている食品ではありません(笑)

よく、コーヒーの成分として、生豆や焙煎した豆自体の栄養素が紹介されていますが
それはあくまで豆自体を食べたらの話です。

ここでは、豆を中挽きにしてドリップした「 抽出液 」としての栄養成分です。
 つまり、普段飲むコーヒーの栄養成分となります。

ここでの栄養成分は 「 ブラックコーヒー 」となりますので、砂糖やミルクが入ったものや市販のコーヒー飲料インスタントコーヒーとは異なります。

危険!甘い缶コーヒー

さて、コーヒーの効能(がんのリスクが減る、糖尿病によいなど)について話してきました。

これはあくまで、その前提が 「ブラックコーヒー」の場合です。

自動販売機やコンビニ等で、缶コーヒーを購入し常飲されている方も多いかと思います。

缶コーヒーでも、最近はブラックが増えていますが・・・
ここでとりあげる缶コーヒーは、ミルク・砂糖がたっぷり入った甘い缶コーヒーです。

アメリカの研究で、「コーヒーがすい臓がんのリスクを高める」という結果が出た事を最初にお伝えしました。

後の研究結果との食い違いの原因が、コーヒーと共に摂られた「ミルク」や「砂糖」にあったのではないかと言われています。

甘い飲料は、胃にとどまらずにいきなり腸に入っていきます。
そうすると、インシュリンを出して血糖値を抑えようと「 すい臓 」がフル稼働させられる事となります。

こういった状態が続くことで、糖尿病になったり、すい臓がんになるケースが多いようです。

「コーヒーがすい臓がんや糖尿病に良い」と思って、甘いコーヒーを飲まれている方、
全くの逆効果ですので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

コーヒー関連その他の記事

コーヒー(珈琲)に関する、その他の情報については、こちらより
066996 コーヒー(珈琲)に関するミニ知識・効能や誤解など(目次)

まとめ

簡単に以下にまとめてみました。

ブラックで楽しみましょう。
   ブラックも慣れれば美味しいですし、豆の種類、焙煎の度合いの
   違いなども味わえてより珈琲を楽しむ事ができます。

摂り過ぎはよくない
   ブラックコーヒーであっても、逆に摂り過ぎは危険です。
   様々な研究結果があって判断しにくいですが1日、3~5杯までを
     限度とした方がよいようです。

淹れ立てを楽しみましょう。
   時間が経つとん酸化してしまいます。 身体によくないのはもちろんですが酸味が強くなり香りも
   薄れてしまいます。   淹れ立ての香りを楽しみながら適温のコーヒーを楽しみまし ましょう。

まだまだ珈琲(コーヒー)に関する話題はつきないですね。
また、その内、気が向いた時に書こうと思います。

 

コーヒー(珈琲)に関しては、様々な投稿があります。 よろしければ、そちらもご覧ください。
コーヒー(珈琲)に関するミニ知識・効能や誤解など(目次)

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です