管理栄養士が食べない食品!マーガリン以外にも・・・

管理栄養士が食べない食品
そう言われてまっ先にあがるのが、あの食品だと思います。

マーガリン

スポンサーリンク

トランス脂肪酸

マーガリンやショートニングに含まれる「トランス脂肪酸
心疾患の原因になるとして、アメリカが規制をかけた事で
数年前話題になりました。

日本では実はそれほど生活の中で多くの「トランス脂肪酸」を
摂取する食生活ではない為、規制にまではいたりませんでした。
(1日辺りの摂取量[平均] 日本 1.58g  米国 5.8g )
*食品安全委員会発表の資料より

消費者庁からは
平成23年に「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」
が出されています。
※以下のURLを参照
消費者庁 – 食品表示 トランス脂肪酸に関する情報

つまり、日本人が普通に食べるマーガリン程度の量では特に
問題にはならないということです。

ちなみに
食品安全委員会 及び 農林水産省で調査した、食本中の
トランス脂肪酸含有量(g/100g)は以下の通りです。

ショートニング   : 1.2 – 31
マーガリン     : 0.94 – 13
味付けポップコーン : 13
クロワッサン    : 0.29 – 3.0
クッキー      : 0.21 – 3.8

これからすると、実はポップコーンやクロワッサン、クッキー
などが意外と高く、食べる量から考えるとマーガリンより
はるかに多くの量をとってしまいそうです。

ショートニングのクッキーが好きな方で、毎日の様に
食べる方は気をつけないといけませんね。

管理栄養士さんが気にしているもの・・・それは

さて、今回私が入院中にお世話になった管理栄養士さんが
なるべく摂らないように、気をつけているものというものは
実はマーガリンではく、これです!

⇒⇒ ゼロカロリー飲料に代表される人口甘味料(アスパルテーム等)

drink01

カロリーはゼロでも・・・

カロリー自体は少なく、お医者さんから甘い清涼飲料水を控えるよう
言われている方も、飲めるということで人気です。

ただ実はこれは非常に危険で、ダイエットとしてゼロカロリーを
飲んでいる方は、ほとんど失敗しているのでは?との事です。

というのも、
ゼロカロリー飲料、カロリーは少なくても、アスパルテームの甘さ
は砂糖の数百倍にもなるそうです。
従って身体はこれを取り込むとすい臓が大量の「インシュリン」
を出します。

大量のインシュリンが出ると、今度は血糖値が一気に下がるため、
お腹がすいて甘いものを食べたくなるという悪循環が生まれます。

実はこの状況を繰り返し続けてしまうと、糖尿病 になってしまうそうです。

さらに・・・

まだはっきりとはしていないようですが、アスパルテームを
取り続ける事で、発ガン率が上がるという研究結果があります。
(発ガン率とは全く関係が無いという別の研究結果もある

スポンサーリンク

結論としては・・・

「自然のもの」を「新鮮な状態」で「適量」頂くという食事が
やはり理想ということでしょう。

管理栄養士さんは、まずこの状態を念頭において、その上で
その人の食事の状況に応じて、サプリメント的にいろんな
紹介されているとのことでした。

また、毎日必要摂取量を摂るということは、普通の生活をして
いたらまず無理なので、3日間でトータル的にバランスよくと
いうことを考えていくといいとのアドバイスをいただきました。

食が身体を作る・・・
たまには、じっくりと自分の身体、食事と向き合いましょう。

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です