『おとり』の由来 鳥か?取りか?はたしてどちらなのか


「おとり作戦」「おとり捜査」など、『おとり』という言葉は普段の生活の中では、あまり使う言葉ではないかもしれませんが、戦争や刑事物の小説、ドラマなどでは、よく耳にする言葉です。

しかし、そもそも『おとり』って一体何もの?
「おとり」の「とり」は、鳥? それとも取り?
当たり前に使っているけど、実はナゾのおとり…

今回は、そんな、おとりの由来について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

おとりの意味

とりあえず、おとりの意味を確認しましょう。 

おとり【囮】

①他の鳥獣を誘い寄せ、捕らえるために使う鳥獣[ーーを使って生け捕る]

②人を誘い寄せるために使うものや人
[ーー商品]

【出典:旺文社 国語辞典】

おとりは漢字で書くと 『 囮 』
部首は「くにがまえ」そして「化ける」という字、難しい字ですね。

その意味はというと… 鳥や獣を誘い寄せるための、同じく鳥や獣…
どうやら、おとりのとりは、が由来の様ですね。

様々な辞典類を調べまくったところ、「おとり」は、以外に、媒鳥という漢字があるようで、「おとり」以外にも「ばいちょう」という読み方もできるようです。

それでは、いよいよ、おとりの由来について見ていきましょう。

おとりの由来

実は、色々調べてみたのですが、はっきりとした由来は分かっていないようです。

しかしながら、有力のな説は、次のとおりです。

招き鳥(おきどり)の省略

鳥をつかまえるために、鳥を招くための鳥を置いたことから、招き鳥(おきどり)と呼ばれ、それがいつの間にか省略されて、「おとり」になったというのが有力な説です。

囮(おとり)の鳥のことを、英語でDecoy(デコイ)と呼んでいる、木製の鳥です。

カモのデコイなどが多いですが、インテリアとしても欧米では一般的です。

さて、では、このデコイ(おとり)を使って、どの様に鳥を捕まえるのか、おとりでも最も一般的なカモ猟を例に見てみましょう。

鴨(カモ)のおとり  –  デコイ猟

このカモのおとり(デコイ)は、1個で使うことは、ほとんどありません。大体、10個以上を用意して、そして湖や池に浮かべます。

多くのカモが、あたかも安全な場所で羽を休めているように見えるからで、そうすることによって、本物のカモがおびきよせられてきます。

実際の猟には、おとり(デコイ)だけでなく、カモ笛(ダックコール)と呼ばれるカモの声を擬態できる笛を使います。
しかも、この笛も一つでは不自然なので、潜んでいる複数の人達で、何種類もの声を擬態して、よりリアルに見えるようにしていきます。

そして、カモが飛来してきたところを、狙い撃ちしていく狩猟のスタイルです。

このおとり(デコイ)には、もちろんカモ以外にも、鳩や様々な鳥がありますし、ジビエ猟と呼ばれる、鹿などのおとり(デコイ)も存在しています。

遠目には、本物と区別がつかない位、リアルに作られています。

最期に、「おとり」という言葉が、小説や身近なところで、どの様な使われ方をしているのかを見ていきましょう。

『おとり』という言葉の使われ方

戦争ものの話では、よく「おとり部隊」というのが出てきます。

これは、敵の目をひきつけさせるためのもので、本隊ではありません。

敵の主力部隊を、おとり部隊に引き付けさせることで、味方が攻撃しやすいように仕向けるためのものです。
ガンダム(ファースト)では、主人公達が乗っているホワイトベースは、ジオンをあざむくため『おとり』として行動していました。

それ以外にも、これはマーケティングで行われる手法で、「おとり効果」というものがあります。

これは、例えば下記の様に、携帯電話の会社のサービスで、アルファ社のAプランというサービスに対して、ベータ社のXプランというサービスが競合関係にあるとします。

アルファ社は、なんとかしてAプランでお客さんを取り込んでいきたいと考えていますが、そのために、あえてBプランという似たようなサービスを出します。

  費用  使用可能な通信料

アルファ社
(Aプラン)

3,000円 30ギガバイト

アルファ社
(Bプラン)

2,500円 25ギガバイト

ベータ社
(Xプラン)

2,000円 20ギガバイト

AプランとBプランを比較すると、Bプランは費用はおろか、使用可能な通信量(ギガバイト)でも、Aプランより劣っているため、これを選択する人は、まずいないでしょう。

つまり、Aプランは、Bプランに対して、『費用』『通信量』の2つとも勝っている(2勝0敗)ということになります。

でも、それって何か意味があるの??
と思うかもしれません。

実は、これが『おとり効果』で、一見、無価値の様に思えるアルファ社のBプランと、ベータ社のXプランを比較すると、Xプランは、Bプランよりも費用が安いだけで、使用可能な『通信量』は低いということになります。

つまり、アルファ社のBプランと、ベータ社のXプランを比較すると、『費用』と『通信料』で(1勝1敗)の結果になります。

もしも、Bプランという『おとり』を出さなければ、お互い費用と通信量の1勝1敗だったはずが、このおとり効果』によって、アルファ社のAプランを契約する、お客さんが増えることになります

ちなみに、ベータ社のXプランを、おとり効果を使って購入者を増やしたい場合には、例えば、料金設定は2,500円で、15ギガバイトのサービスを提供すればよいことになります。

もちろん、『おとり』については、これ以外にも、冒頭でもあげた「おとり作戦」や「おとり捜査」などがあります。

でも、その全てが、おとりを使って何かを得る、成し遂げるといった意味になります。

スポンサーリンク

まとめ081377

Checkおとりの由来

allowrd_r1 招き鳥(おきどり)の省略 
        ※有力な説

allowrd_g1 おとりの使われ方 

  • おとり部隊 (戦争などにおける敵を引き付ける目的)
  • おとり効果 (マーケティングの手法)
    などなど・・・

    おとりを使って、自分の得たい物を得るという意味で使用される。

あとがき

仕事で、イギリスの取引先とのやりとりで、よくお土産として渡されるのが、カモのデコイでした。

実によく出来ていて、確かに美術品として素敵だから、しばらく部屋に飾っていました。

でも、今思えば「サンキューサンキュー!」と、笑顔で喜んでいた自分は、まんまと取引先の「おとり」に踊らされていたのではないのか…(苦笑)

084160今回の、おとりに限らず、由来やルーツを探るのって楽しいですよね。

文献などが残っていなくて、はっきりとしたことが分からない場合には、自説なんかを考えてみると、楽しいですよね。

ただ、単に知識を得るだけでなく、楽しく、そして豊かに色んなことを感じたり、考えたり出来るようになりたいなと思っているんですけどね…これが、なかなか(笑)

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください