ブラックボックスとは? 飛行機事故の解析に必要なもの その1

 「 ブラックボックス(Black Box)」 という言葉が、飛行機の事故が起きた時に必ず出てきます。

「  黒い箱  」って一体何のことだろう・・・?  と思いますよね。

現代の航空機は、様々なコンピューターを使って飛行しています。
飛行の制御をするものや、飛行のルートを計算するもの、飛行中の様々なデータを保存するものなど多種多様です。

スポンサーリンク

ブラックボックスとは?

コンピューターは、一つの箱(ユニット)として搭載されています。
形、多きさ、などはまちまちですが、パソコンが何台も搭載されているイメージです。

これらのコンピューター類を、ブラックボックス(Black Box)と呼んでいるのですが、名前の通り黒く塗られているものもあれば、赤だったり青だったりするものあります。

ブラックボックス(Black Box)と言っておきながら、箱の色は赤だったりするわけですが、ブラックボックスという名前の由来は、箱の色から来ているわけではないんです。

ブラックボックス(Black Box)の名前の由来

ブラックボックス(Black Box)というのは、その中で行われている計算回路や動作原理、ロジックを知らなくても、外部から操作が出来て、決まった目的の結果を得る事の出来る装置の事を指します。

そういう意味では、コンピューターは全てブラックボックス と言えます。
パソコン(PC)も、CPUやメモリなど、中でどの様に計算や処理がされているかは知らなくても、キーボードを叩いて文章を作ったり、マウスを動かしてクリックする事で、目的とする結果を得ることができます。

もっと身近な例をあげれば、電子レンジDVD Blue-rayデッキも、更には、テレビ だってブラックボックス(Black Box)と言えます。

別に、内部でどんな事がされているのかは知らなくても、簡単な操作で目的の結果が得られていますよね。

航空機の事故で必要となるブラックボックス

飛行機01

航空機の事故の時に、ニュースや新聞などで出てくるブラックボックス(Black Box)は間違いなく以下の2つです。
ボイスレコーダー(CVR)
フライトレコーダー(FDR)

これらは、事故の解析には無くてはならないものです。
事故が発生した時に、見つけやすいように オレンジ色が使用されています。

それでは、これらが何をしているのか、簡単に説明しましょう。

ボイスレコーダー

ボイスレコーダー、正式には、コックピットボイスレコーダー(CVR : Cockpit Voice Recorder)と呼びます。
その名前の通り、操縦室の音声を記録している装置です。

一体、何を使って記録しているのか? は、航空機の世代にもよるのですが以下の2種類があります。
録音テープ
フラッシュメモリ

録音テープ
古いタイプの航空機には大体これが搭載されています。
30分のエンドレステープで、飛行中の音声を常に30分間上書きしていきながら、ずっと録音されていきます。

つまり事故が起きた時には、最後の30分間の音声が記録されている事になります。

フラッシュメモリ
新しいタイプの飛行機には、フラッシュメモリのタイプが搭載されています。
時間も120分まで、録音時間が延びています(もっと長いものもあるかもしれません)

テープと同じで、飛行中の音声を常に120分間上書きしていきながら、ずっと録音されていきます。

スポンサーリンク

ものすごい耐久性!

航空機に搭載されるブラックボックスと呼ばれる、ボイスレコーダー。
さぞかしハイテクで固められているのかと思いきや、家電にあるような音声記録装置と大して変わりないですよね。

進化も、カセットテープから、ICメモリレコーダーに代わった家電の歴史と同じです。

しかし、飛行機に搭載されているボイスレコーダーと、家電の音声レコーダーとは大きな違いがあるんです。

それは、航空機のボイスレコーダーは 「 墜落などの重大事故の原因解析 」に使用されているということです。

航空機が破壊や火災に見まわれても、記録内容を保存できなければ意味がありません
場合によっては海中に落ちる場合だってあります。

心臓部の録音テープやフラッシュメモリといった記録メディア(媒体)は、耐熱・耐衝撃構造のカプセルに入っています。
その耐性は以下の通りとなっています。

耐熱  : 1100℃ の温度に 30分間
耐衝撃 : 1000G の衝撃に、0.011秒間
耐水  : 水中に 48時間

これはすごいですね。
これなら、ほとんどの事故でも解析が可能なわけです。

尚、海中や河といった水中にある場合、捜索が困難となる事を避けるため、ボイスレコーダーの位置を知らせるための電波シグナルが30日間自動発信されるようになっています。

続いて、フライトレコーダー(FDR)ですが・・・

少し長くなりました(笑)
続きは、また書きます。

  続きはこちらから ⇒ ブラックボックスとは? 飛行機事故の解析に必要なもの その2

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です