平清盛と平将門の関係!歴史の皮肉!?を感じるこの二人

最近は平清盛 たいらのきよもり など、平氏が人気ありますね。

以前は、源氏の敵で、時代劇などでは悪役のイメージが強いですよね。

武士が政権を握るのは、源頼朝 みなもとのよりとも が、鎌倉に幕府を開いてからと言われていますが、実は、その前に平清盛が政権を握っています。

清盛・将門

そして、そこから少しさかのぼった時代には、平将門 たいらのまさかど が武士が治める世の中を作ろうと、立ち上がっています。

武士の世の中を作るきっかけを作ったのが平将門、そして成功させたのが平清盛と、言えるでしょう。165674

でも、この将門と清盛、同じ平氏ですが、

一体、どういう関係なのでしょうか?

血縁関係に、あるのでしょうか?

今回は、将門、清盛!

この二人にせまりたいと思います。

スポンサーリンク

高望王流桓武平氏・伊勢平氏系図

さっそく、この二人の系図をご覧下さい。

平氏将門・清盛系図

この二人は、共に、高望王流桓武平氏の流れを組んでいる、同じ平氏です。

しかし、時代はかなり離れているますね。

将門が亡くなってから、178年後に清盛が誕生しています。

将門の従兄弟(いとこ)にあたる、貞盛の子孫にあたるのが清盛ですね。

実は、将門は父・良将が無くなった後、叔父たちと争っています。

そして、貞盛の父、国香を倒してしまいました。

この後、将門が国府を攻め落として、関東八州独立し、新皇を名乗ると、その鎮圧の為に、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)らと共に、貞盛が、将門を倒しています。

承平天慶の乱(じょうへいてんぎょうのらん)です。

つまり、貞盛は将門の敵で、その子孫が清盛ということになるんですね。

それでは、将門と清盛のそれぞれを、簡単に説明をしていきます。

将門

平将門

将門
は、叔父たちと争っています。

父・良将の遺産相続の土地を、伯父たちが勝手に一部横取りしていたということが、理由だというのが有力説です。

将門の父・良将(良持とも呼ぶ)は、高望王の三男ですが、兄弟の中では出世頭で、当時の武家では最高の栄誉職とされる「鎮守府将軍」(ちんじゅふしょうぐん)に任命されています。

その父が亡くなったことで、将門と叔父たちの間に確執が生まれ、争うようになったようです。

将門は、坂東(現在の、茨城県、千葉県)を中心に活躍した武将です。

武士が、馬に乗って戦うというスタイルを確立させたのも、この将門の時代の東国武将という説が有力です。

142599そんな中でも、将門の強さは郡を抜いていました。

攻めてくる、叔父や叔父と親戚関係にあった源護の息子・扶(たすく)達を、ことどとく倒しています。

いつしか、そんな将門を頼りとする豪族も現れます。

やがて、そんな豪族をかばって、常陸国府軍と衝突することとなり、これを討ち倒してしまいます。

この後、坂東八州(関東地方)を手中に収める事となり、独立国家としての新皇を宣言します。

歴史としては、同時期に、瀬戸内海で起きた藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱と併せて、承平・天慶(じょうへい・てんぎょう)の乱 と呼ばれています。

しかし、新皇宣言から、わずか二ヵ月後、将門は、藤原秀郷、貞盛らの連合軍3,000に対して、わずか300~400程度で迎え撃つこととなり、頭に矢を受けて討ち死にしてしまいます。

たたり?

将門というと、怨霊や祟り(たたり)が有名ですよね(笑)

将門が倒されると、その首は天下国家の大罪人として、首がさらされます。

ここで、将門の伝説が産まれるのですが・・・

その首は、時を経ても、腐りも傷みもせずに、まるで生きているかの様に生々しく、ある夜、突然目を開くと、身体を求めて坂東に向けて飛んだというんです。

将門_絵ところが、その首の念力も、坂東に着く前に力尽きて、落ちた場所が今の東京大手町にある「首塚」なんだそうです。

この首塚は、動かしたりどかそうとする度に、たたりが起きるというので、今でも動かさずにそのままにしてあるとか・・・

今では、将門信仰だけでなく、心霊スポット・パワースポットとして、訪れる人が後を断たないそうです。 

ちなみに、あまり知られていませんが、将門には銅塚が、城県坂東市の延命院の境内に残っています。

清盛

平清盛

清盛は、将門の死から、78年後の1118年に産まれています。

将門の乱の後、武士による大きな争いは起きず太平の世の中となっていましたが、 依然として、武士の地位は貴族や皇族に使われる低い立場でした。

大きな転換期は、摂関家の内輪もめから、崇徳上皇(すとくじょうこう)と、後白河天皇(ごしらかわてんのう)の兄弟の争いに発展し、平氏も源氏も、その勢力を二分にして争った保元の乱(ほうげんのらん)です。

この戦いで、清盛は、後白河天皇側につき、見事勝利します。

そして、この乱で、武士が権力を左右する位置にあることを、皇族も貴族も認識する事になります。

この後、院政の実力者である、藤原信西(ふじわらしんぜい)が、平清盛と組んで力を強めていきます。

その信西のやり方に、不満を持つ者も多く、反信西派の、藤原信頼(ふじわらのぶより)は、源義朝(みなもとのよしとも)と組み、清盛が熊野詣に出かけている間に、信西を倒してしまいます。

熊野からとって返した清盛は、すぐさま信頼と義朝を討ち取とります。

平治の乱(へいじのらん)です。

平治物語絵巻
平治物語絵巻

 この平治の乱で、源氏は衰退し、また有力な貴族もいなくなったために、平氏は武家の棟梁としての地位を確立するだけでなく、政治的な権力をも手中に収めることになりました。

その後、異例のスピード出世で、遂には、太政大臣にまでのぼりつめます。111511

そして、それまで、藤原家など、貴族で固めていた、政治の中枢に、平氏一族を次々と送り込み、やがて、天皇家とも姻戚関係になり実権を握ります。

しかし、反平氏の勢力が全国に拡大し、やがて源頼朝が東国で挙兵します。

そんな中、清盛は熱病にかかり亡くなってしまいます。

清盛の死後、わずか4年後の1185年の壇ノ浦の戦いで、平氏は滅亡することとなります。

将門と清盛

将門と清盛の関係は、直接的な関わり、関係は無いものの、清盛やその後の平氏を見ていると、どうしても思いが将門にいってしまいます。

将門は、東国武士による、新たな国家作りを目指していましたが、 それが、実現できずに討たれた、無念さがあったはずです。

清盛は、太政大臣となり、国の実権を握ります。 

082059
まさに、将門がやりたかったけど、成しえなかったことを、清盛が実現した形になります。

ついに、武士が政権を握ったということですね。

 

しかし、平氏の一族は、武士が治めるというより、貴族化してしまい武士から離れていってしまいます。 

そして、源頼朝をはじめとする、東国武士に、またたく間に滅ぼされていきます。

082059
この時の、東国武士として、打倒平氏を掲げてやっていくる、頼朝や義経の姿が、今度は、将門とかぶります。

082990東国に武士による政権(幕府)を作る、これも、まさに将門が描いていた理想像でした。

清盛と、その後の平氏の末路を見ると、皮肉に思えてなりません。

スポンサーリンク

まとめ081377

146747   平清盛と平将門

 

共に、高望王流桓武平氏

清盛は、貞盛の四男 維衡(これひら)を祖とする、伊勢平氏

    平将門   

承平天慶の乱

関東八州を自国とし新皇を名乗る。


藤原秀郷、平貞盛の軍に討たれる 。

    平清盛    

保元・平治の乱を機に、武家の力を確立する。

やがて太政大臣となり、また皇族と姻戚関係となり権力を平氏に集中させる。

 

あとがき

将門って、改めて考えるとすごいですよね。

自らを、新皇(新しい天皇)と名乗った人って、歴史を見てもこの人くらいじゃないでしょうか?

084160

しかも、千年以上も経った、今、悪人ではなく、神としてあがめられ人々に愛されています。

こんな人は、他には聖徳太子と、菅原道真しかいません。

将門は、正しい事をきちんと認められる国にしたいという想いが、残されている資料などからも、読み取れます。

いつも想うのですが、清盛がこの将門の乱についての知識があれば、平氏がこんなにも簡単に滅ぶなどということもなく、もっと長く太平の世の中を作れた気がしてならないんですよね。

貞盛の子孫の清盛にとっては、将門は単なる大罪人でしかなく、貞盛こそ誇るべき先祖ということになっていたんでしょうか・・・

  

スポンサーリンク

                                                               

   

「平清盛と平将門の関係!歴史の皮肉!?を感じるこの二人」への2件のフィードバック

  1. 平将門の父親の遺産を叔父の国香が横取りしたのを取り返そうとして戦ったというのなら将門は被害者で悪党の叔父一族に倒された怨念で1000年も過ぎた現生でも語り継がれているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です