【家紋】 梅鉢の由来!梅といえば?やっぱりあの人ですね

 先日、ある集会で、たまたま、素人さんの「落語」を見る機会がありました。

「猫の皿」という演目だったんですが、この噺(はなし)に「梅鉢(うめばち)という高価な皿が出てきて、それがオチにつながる重要なアイテムとなっています。

ふと、登壇した落語家さんの羽織に目をやると、なんと、家紋が「 梅鉢 」!

これは、ねらい?  それとも・・・ たまたま?

特に、それには触れられずに、 はなし は終わりました(笑)

家紋梅鉢

それにしても「 梅鉢紋」 は、デザイン的にバランスのとれた、いい家紋ですよね。
私も、 好きな家紋の一つです。084162

皆さんの家は、どんな家紋ですか?

自分の家の家紋のルーツや由来って、気になりますよね?

今日は、そんな家紋の中で、梅鉢 」の由来について、書きたいと思います 

スポンサーリンク

梅といえば・・・?

133948梅鉢(うめばち)と言うからには、やはり、その由来は 「梅 」に関係します。

そして、「梅 」と言えば、やっぱりこの方しかいません(笑)

東風(こち)吹かば  にほひおこせよ 梅の花   主なしとて  春を忘るな

菅原 道真(すがわら みちざね)」です。

この歌は、藤原家の謀略によって、京都の都か今の福岡県の大宰府に左遷される時
かわいがっていた梅の木を、想い詠んだものです。

梅

「春の風(東からの風)が吹いたら、その梅の花の香りを届けておくれ
  主人である私がいなくても、春を忘れてはいけないよ」
という意味です。

もう、犬や猫といったペットと、同じ感覚ですよね(笑)

菅原 道真を祀(まつ)る、大宰府天満宮や北野天満宮といった、日本各地の天満宮や天神様は、 ほとんど」に関する紋が使われています。

東京の湯島天神では「 梅鉢 」が使われています。
お守りにも、しっかり梅鉢はいっています(笑)

家紋 梅鉢

菅原道真自身の家紋は何だったのか?というと、はっきりしていません。

家紋という「家を示す紋」が出てきたのは、平安後期と言われているので、この頃はまだ無かったようです。

ただ、調度品など、身の回りのものに梅の紋を使ったりはしていたようで、それが後に菅原家の家紋につながったのかもしれません。

「梅鉢」以外にも、梅を使った紋には、梅紋(梅花紋)があり、大宰府天満宮は「梅紋」を使っています。

どちらも、菅原 道真ゆかりの紋です。

また、「梅鉢」といっても、種類はかなりあります。

丸に梅鉢」「加賀梅鉢」「裏梅鉢」「光琳梅鉢」・・・などなど

家紋丸に梅鉢

梅鉢に関する紋だけで、50種類近くあります。
 
現在、「梅鉢」 の家紋を持つ方の多くは、菅原 道真の子孫に関わる家柄か、もしくは天満宮、天神に関する家柄 と思われます。

梅鉢を使っている公家や武家

梅鉢を使っている、公家や武家に、どんな家柄があるのか調べてみました。
その一部をご紹介します。

公家

  • 唐橋家
  • 清岡家
  • 桑原家
  • 五条家
  • 高辻家
  • 西坊城家
  • 東坊城家

武家

  • 美作菅氏
  • 安武氏
  • 新海氏
  • 船橋氏
  • 美濃部氏

「梅鉢」を家紋にもつ家柄として、有名な大名というと加賀藩の前田家です。
加賀百万石の礎を築いた、あの戦国武将 前田 利家の前田家です。
 家紋は、正確には、「梅鉢」ではなく「加賀梅鉢」ですね。

家紋加賀梅鉢

美作菅氏の流れを組んでいるということです。
ただ、どうもこれが定かではなく、平氏、源氏という説もあり、菅原氏の末裔(まつえい)というのは、前田家の自称となっています。

加賀藩には、多くの天神信仰があったため、国を治めるために、そうしたのではないかという説もあります。

ちなみに、東大にある赤門、実はあれは旧加賀藩の屋敷の門だったんです。
軒の丸瓦の部分に、しっかりと「梅鉢」があります。もしも、行く機会があったら見てみてください。

梅鉢を家紋に持つ、有名人

それでは、梅鉢を家紋に持つ、有名人にはどんな人がいるのか?
気になりますよね?(笑)

前田利家以外にも、けっこう有名な人がいます。

    • 平賀源内  : 江戸時代中期 / 本草学者、蘭学者、医者、発明家
        • エレキテルの復元
        • 土用の丑の日(うなぎ)を作ったとされている
    • 榎本武揚  :  江戸幕末 / 幕臣 外交官、政治家、海軍中将
        • 戊辰戦争時、蝦夷地(北海道)にて新政府を開こうとした
        • 明治政府になってから、外交官、政治家として活躍
    • 五代目 古今志ん生 : 明治・大正・昭和 / 落語家
        • 名人と呼ばれる落語家、落語家協会会長も務める
    • 岡本太郎  :     明治・大正・昭和 / 芸術家
        • 作品「太陽の塔」- 大阪万国博覧会
        • テレビやCMにも多数出演「芸術は爆発だ」などの言葉も流行った
    • 双葉山定次 : 明治・大正・昭和 / 関取横綱
        • 大横綱(69連勝は史上最多)
    • 山下清 : 大正・昭和 / 画家
        • 日本中を放浪した画家
        • 「裸の大将」と呼ばれ、後にドラマなどにもなる
    • その他(名前のみ)
        •  堺正章 八代亜紀 戸田恵子 陣内智則 など
スポンサーリンク

まとめ

  • 家紋「梅鉢」のルーツは、菅原 道真

     

  • 菅原道真を祀る、各天満宮・天神の多くが梅の紋を使っている
  • 東京の湯島天神は、梅鉢の紋
  • 梅鉢の家紋は、菅原家の子孫の家柄か、もしくは天満宮・天神に関係している家柄

こぼれ話・・・

菅原 道真は、平安朝の天才だったので、学問の神様として「湯島天神」に祀られていることは有名だと思います。
毎年、受験シーズンになると多くの受験生がお参りに行きますよね。

そして、梅の名所でもあります。
 これは、もちろん、菅原道真にちなんでです。

桜を目玉とする、神社仏閣は多いですけど、是非、梅の時期に行ってみてください。
湯島天神以外も、天満宮や天神と名のつく神社は、梅を植えているところが多いではないかと思います。

そして神社の紋は、いたるところにあるので、どんな紋か確認してみて下さい(笑)

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です