さくらんぼの栄養と効果とは?あの2つの栄養が同時に!

 「 さくらんぼ 」  最近では、「高級さくらんぼ」 をよくみかけます。

母の日など、女性へのプレゼントとしても人気が高いようです。

dfeff61cf20ebc2e71586d8d2ac77f55_s

ちなみに、さくらんぼの旬は次の通りです

アメリカンチェリーは、5月~6月、国内産は、6月~7月

夏に向かって、体調を崩しやすい、この時期、体のために
 少しでもよいものを摂りたいですよね。
084162 「 さくらんぼ 」の栄養価はどうなんでしょうか?

早速、見てみましょう。

スポンサーリンク

さくらんぼの栄養成分

さくらんぼの成分を、国内産 と 米国産(アメリカンチェリー)の2種類で見てみましょう。

比較のために、カロリーメイト缶 (1/2缶=100ml)を載せています。

  • 国内産は、普通の大きさで1個 5グラム(可食部)を 20個(100グラム)
  • 米国産は、普通の大きさで1個 10グラム(可食部)を10個(100グラム)

栄養(さくらんぼ)

疲労回復 ・ 貧血 に効果

さて、これを見ると、葉酸 と ビタミンC そして マグネシウムが豊富ですね。

これらは、全て疲労回復にいいといわれている栄養素です。

葉酸は、貧血防止 に効果的なことが分かっており、サプリメントも人気です。

さくらんぼは、疲労回復 貧血 に効果があります。

 590e30f92567832f1757cde3e994cb99_s

葉酸 は 調理に弱い

 葉酸を多く含む代表的な食品には、以下のものがあります。

  • グリーンアスパラガス
  • カリフラワー
  • しゅんぎく
  • いちご

いちご以外は、茹でたりして火を通さないと食べれません。

128426

ところが、「 葉酸 」は水溶性ビタミンで、茹でたりして火を通すと
栄養成分が、半減してしまいます。

さくらんぼは、調理せずに、そのまま食べる事が出来るので、
葉酸 を効果的に摂ることができます。

葉酸 と ビタミンC はセット

葉酸は、そのままでは活性化しません、ビタミンCと一緒にとるとよいことが
知られています。

また、ビタミンCだけを大量に摂ると、逆に、葉酸の排泄量が増えてしまいます。

この2つの栄養素は、セットで摂る事が望ましいのですが、さくらんぼは、
葉酸 と ビタミンC が両方多く含まれているので、非常に効果的な食材といえます。

カロリー・糖質

128723栄養素は優れた、さくらんぼですが、カロリー・糖質が高いので、食べすぎには注意が必要です。

以下の一覧表で、果物の100gあたりの、エネルギー(カロリー)と糖質の量が分かります。

果物の糖質とカロリー一覧(100gあたり)果物100gあたりのCalto

エネルギーが50kcal以上、糖質が10g 以上のものは、「太字」にしてあります。

これを見ても、分かるとおり、「さくらんぼ」は、結構高めです。

カロリーや糖質の制限 がある方は、気をつけて摂らなければいけません

 

葉酸 の効果(妊婦さんにおススメの栄養素)

葉酸は、どれくらい摂取するのが望ましいんでしょうか?

厚生労働省が出している、「日本人の食事摂取基準」を見てみました

 年齢推定平均必要量 推奨量              耐用上限量 
 18~29歳 及び70歳以上 200240900
 30~69歳2002401000
妊婦(付加量)+ 200+240 –
授乳婦(付加量)+ 80+ 100 –

単位:μg(マイクログラム)

128713推定平均必要量というのは、「 50%の人は必要量を満たすとされる量」です。

言い換えれば、 「最低でも、これくらいは摂りたい量」です。


推奨量
は、97~98%の人が必要量を満たすされる摂取量です。

言い換えれば、「 これだけとっておけば充分な量 」です。

妊婦さんは倍の量

この表を見ると、明らかな特徴があります。

妊婦さんは 推定平均必要量 も 推奨量 も 「 倍 」の量になっています。

149960

なぜ、そんなに葉酸が必要なのか?

それは、妊娠が、大赤血球性貧血を引き起こすからです。

葉酸は、ビタミンB12と共に、不足すると正常な赤血球が作れなくなるので、
特に、妊婦さんや授乳婦さんは、積極的に摂りたい栄養素です。

摂りすぎには注意

先の表の右端に「耐用上限量」 が載っています。

これは、「これ以上、摂ると健康に害を及ぼす可能性がある」 という量を示しています。

どの様な害があるかというと

  • ビタミンB12不足による悪性貧血の発見を遅らせてしまう
  • 神経障害

しかし、実際には、食品で耐用上限を超えることは、まずありません。
もしも、葉酸のサプリなどを摂っている場合には、摂取量を守っていれば大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ081377

Checkさくらんぼの栄養と効果
  1. さくらんぼの栄養素
    • 葉酸
    • ビタミンC
    • マグネシウム

       

  2. さくらんぼの効果
    • 疲労回復 (葉酸・ビタミンC・マグネシウム)
    • 貧血(葉酸)

       

  3. 葉酸の効果
    • 葉酸とビタミンCは、ゴールデンコンビ!
      これらはセットでの摂取が重要品

      葉酸もビタミンCも、 水溶性ビタミン で 熱に弱い
      さくらんぼは、調理をせずに食べるのが効果的

    • 妊婦さんの貧血に有効
    • サプリなどによる摂りすぎには注意

 

あとがき

チェリーパイ、個人的には、かなり好きなんですけど。
栄養素は半減してしまうんですね・・・(泣)

084160ああいうデザートで、栄養を摂ろうと考えること自体が
間違ってますが(笑)

さくらんぼの栄養素は、疲労回復などの効果もあり、男性にも
もちろんおススメです。

夏バテ対策というと、すぐ、うなぎだったり、豚肉だったりの名が
あがります。

しかし、どちらも、ビタミンCは摂れません。

ビタミンCも、夏バテ対策には必須の栄養素。

うなぎや豚肉を食べた後のデザートに、さくらんぼというのは
すごくいいかもしれません。

しかも、さくらんぼは、毎日食べても、全く問題の無い果物です。

それにしても、あの小さな、さくらんぼに、この葉酸とビタミンCは
本当に素晴らしいです。
いちごと並んで秀逸な食品と言っていいと思います。

母の日など、女性へのプレゼントとして、さくらんぼは、とてもいいですね。
優しさのこもったプレゼントです。

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です