イースターの意味とは?うさぎやエッグもまとめて紹介

059688イースター(Easter)

日本語では復活祭、あまり日本では、なじみの無いお祭りですよね。

実は、このイースター、キリスト教では最も重要なお祭りなんです。

キリスト教最大のお祭りというと、イエス・キリストの生誕祭でもあるクリスマスだと思ってしまいますが、実は、イースター(復活祭)の方が重要なんだそうです。

クリスマスは、別にクリスチャンでなくても、学校や幼稚園でも年中行事として入っているし、ホームパーティをやったりする家庭も多いと思います。

でも、イースターは?

さすがに、キリスト教系の幼稚園や学校でなければ、まず年中行事になっているところは無いでしょう。

しかし、アメリカやイギリスなどでは、ハロウィンやクリスマスほどの、盛り上がりはありませんが、それでも、イースター・バニーといううさぎや、イースター・エッグというたまごを街のあちらこちらで見かけます。
135884
今回は、そんなイースターの意味について、せまってみたいと思います。

イースターとは?

イースターや復活祭という名前は聞いたことあるけど、いったい何のお祭りなのか?
そんな方も多いのではないかと思います。

イースターは、キリスト教においては生誕際のクリスマスより大事なもの。

復活祭の名にもあるとおり、これはイエス・キリストが復活したことを祝うものです。
cdc9c51eb07adbef9a0389c3759096ed_s
イエス・キリストは、レオナルド・ダヴィンチの名画にもある最後の晩餐の後に、役人につかまります。

そして、罪人としてゴルゴダの丘で、十字架にかかり命を落とします。


ところが、3日後、イエス・キリストは復活をするんです。

このイエスの復活を祝ったのが、復活祭、イースターです。

復活祭は、決まった日付ではなく、年によって日が変わります。

ローマのカトリックや、プロテスタントでは、3月22日~4月25日の間の日曜日となっています。
018a5fa88202d5cc7cdb827d0a502980_s
これは、もともとこのイースターが、太陰暦で、3/21の当日、又はそれ以降に満月となった日次のの日曜日と決めたためです。


ちなみに、2015年以降のイースターの今後10年の日付は次の様になっています。

20154月5日
20163月27日
20174月16日
20184月1日
20194月21日
20204月12日
20214月4日
20224月17日
20234月9日
20243月31日

こうやって見ると、たしかに、毎年がばらばらですね(笑)

日本でも、クリスマスやハロウィンなどは定着しましたが、イースターが、年中行事として定着しにくいのは、日が決まっていないという事にあるのかもしれません。

ちなみに、上記に挙げたイースターの日付は、西方教会という、ローマカトリックや、プロテスタントのもの。

ギリシャ正教など、東方教会では、イースターの日付が少し違ってきます。

それでは、続いて気になる、イースター・バーニー(うさぎ)やイースター・エッグ(たまご)について見ていきましょう。

イースター・バニー(うさぎ)

さて、イースター・バニー(うさぎ)についてです。

イースター・バニーは、イースター・ラビットとも呼ばれている、うさぎをモデルとしたキャラクターです。

うさぎは、もともとキリスト教においては、よく使われるモチーフです。

うさぎが、多くの子供を持つことから、古代から豊穣のシンボルとしてモチーフにされています。
ca6cfaa41f855fc037ba7eb4eb2ad443_s
また、イエス・キリストの母でもある聖母マリアの象徴でもありました。

イエス・キリストが復活した際に、最初に会った動物がウサギだったという言い伝えもあるようで、そんなことから、イースターのシンボルとして、うさぎが登場するようになったようです。

ウサギのキャラクターは多いですよね。
ピーターラビットに、バックスバニーなど。
132490
でも、そのさきがけとも言えるのが、このイースター・バニー(イースター・ラビット)なんです。

イースターになると、必ず、うさぎの形をしたチョコレートに出会います(笑)

また、このイースター・バニーは、サンタクロースと同じようなキャラクターになっていて、復活祭の前日の夜に、子供にプレゼントの入ったかごを届けるという話もあります。
132487
かごの中のプレゼントに、必ず添えられているのが、イースター・エッグ(たまご)なんだとか。

イースターエッグ(たまご)

イースター・エッグ

毎年、イースターになると子供たちが、カラフルに卵に色をつけて塗っていくのは、アメリカなどでは恒例の年中行事の一つです。
136745
また、街の中を見てみると、うさぎ同様、卵型のチョコレートがあって、その包み紙をカラフルにしてイースター・エッグに見立てているものも多く売られています。

それと、アメリカ人が大好きな、ジェリービーンズを卵にしているお菓子も出回ります(笑)

このイースター・エッグには、カラを破って、そこから生まれて出てくる、つまり復活するイエス・キリストの象徴としての意味があります。

イースター、日本ではあまりなじみがなくても、海外の人にとっては重要な祭典、きちんと相手の文化を理解して接するということは、大事なことですよね。

まとめ081377

Checkイースターの意味
allowrd_r1 イースター
  • キリストの復活を祝うキリスト教最大の祭典
  • イースターは、固定日ではなく月齢に左右される
  • 西方教会では、3月22日~4月25日の間の日曜日
allowrd_or1 イースター・バニー&イースター・エッグ
  • うさぎは古代より豊穣の象徴
  • うさぎは、聖母マリアの象徴でもあり、教会でよく使われるモチーフの一つ
  • キリストが復活後最初に会った動物がうさぎという伝承
  • たまごは、これから生まれる=復活の象徴
  • カラフルに装飾をする
  • うさぎも、たまごも、イースターの時期、チョコレートが出回る

まとめ

うさぎのキャラクターといえば、日本でも因幡の白うさぎがいます。
084160
因幡の白うさぎも、もともとは日本神話の中の話の一つ。
また、月にうさぎが住んでいるなんていうのも、ありますよね。

お稲荷さんで有名な、きつねも、ねずみを退治してくれて作物がよく実ることから、神様の使いだということで崇められるようになったとか、うさぎも豊穣の象徴にある通り、それに近い感覚が、洋の東西関係なくあったんでしょうね。

うさぎやたまごをテーマに、色々掘り下げて調べていくと、面白そうですよね。

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です