ブルーボトルコーヒーの特徴とは?新鮮な豆が売り!?

今すごい人気のブルーボトルコーヒー
コーヒー業界のAppleと呼ばれ、日本に進出してきました。

まだ、お店には行ったことがありません。

創業者のジェームズ・フリーマンは、元クラリネット奏者、日本の喫茶店に感激を受けたのが、ブルーボトルコーヒーを作るきっかけになったとか。

cd316a3eba7b149d4a4ee32d63769278_s

一度、行こうとは思うんですけど、ちょっとためらっています(笑)

スタバやタリーズとは違ったコンセプトで、アメリカで人気急上昇ということですが、
そのコンセプトの一つが、「豆の新鮮」さ。

新鮮な焙煎豆って、正直言うとちょっとなぁ~という感じです。

久しぶりのコーヒーシリーズを、お届けします。

今回は、ブルーボトルコーヒーに迫りたいと思います。 

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーの売り

ブルーボトルコーヒー、コーヒー業界のAppleと呼ばれていて、一気にアメリカで人気になりました。
まさに、革命児 という感じです。

一体何に、「革命」を起こして、どんなものが売りなんでしょうか?

まずは、それを見ていきましょう。

アンチ・スタバ(スタバが嫌い?)

ブルーボトルのコンセプトは、コーヒーチェーンだけど、個人の喫茶店の雰囲気が味わえるようなお店の様ですね。

どうも、ジェームズ・フリーマンは、スタバが嫌いなようです。
スタバがやっていることと、ことごとく違う路線展開をしています。

どんな路線で行っているのかというと・・・

第1のポイント : マイクロブリュー

eb4e3670682e8103c32bb726363f12e7_sマイクロブリューといって、一杯一杯、注文を受けてからいれています。

これが、今全米で大ブームになったとか・・・

スタバの様に、大量にドリップしておいて、注文が入ったら、それを注ぐのではなく、注文を受けてから、その人の為に注ぐということですね。

アメリカでは、このやり方は斬新です。
衝撃が走るのも分かります。

でも、日本の喫茶店なら、当たり前のこと・・・
なんですけどね(笑)

第2のポイント : 豆の新鮮さ

さて、いよいよ、豆の新鮮さについてです。

ブルーボトルでは・・・

豆を焙煎してから、48時間以内のもの

しか使用しないということです。

9e95772247803718edfe9e9c8635b743_s

これが、ちょっと残念なんですよね・・・

焙煎してすぐのコーヒー豆は、お湯とコーヒーが馴染みにくく、旨みや香りが充分に抽出されません。
さらには、煙臭さがとりきれないので、豆の特徴が消えてしまいます。

最低でも、2日(48時間)以上は置いて、豆から余分な炭酸ガスを抜くようにします。
この工程をエージングと呼んでいます

焙煎にこだわる店では、エージングに、2週間かけるというところさえあります。

ちゃんと保管された、飲み頃の豆で、淹れてもらえないのは、かなり残念です。
せめて、エージングした豆か、そうじゃないものかを、選べるようにして欲しいですね。

チェーン店の限界?日本の喫茶店のすごさ

今回、マイクロブリューで期待していたのは、豆の種類を選べるのか?
ということでした。
558b3148edbf1e7b64321e1fff17b29d_s

しかし、残念ながら豆の種類の指定は出来ないようですね。
さすがに、そこはチェーン店なので仕方ないですよね~・・・

実は、世界において日本の喫茶店の様に、何種類もある豆の銘柄を、指定して飲めるコーヒーショップは海外には、ほとんどありません。

実は、世界のコーヒーマニアは、日本の喫茶店に注目しているんです。

ブルーボトルがやろうとしているのは、まさに日本の喫茶店のチェーン化なんでしょうね。
星乃珈琲さんなんかが、やっていることなのかも・・・

スタバは、日本の喫茶店にないスタイルで、人気が出ました。
ブルーボトルは日本の喫茶店の要素を取り入れることで、アメリカで人気となりましたが、さて、日本ではどうなんでしょうね・・・

日本の喫茶店の、コーヒーのレベルは、ものすごく高いですよ。
是非、こだわりのある純喫茶などで、本物のコーヒーを飲んで欲しいと思います。

スポンサーリンク

コーヒー関連その他の記事

コーヒー(珈琲)に関する、その他の情報については、こちらより
066996 コーヒー(珈琲)に関するミニ知識・効能や誤解など(目次)

まとめ081377

Checkブルーボトルコーヒーの売り
  • マイクロブリュー
  • 豆の新鮮さ

マイクロブリュー
  注文を受けてから一杯ずつ淹(い)れる 日本の喫茶店スタイル

豆の新鮮さ
  ブルーボトルでは焙煎後48時間以内の豆を使用
  (エージングはあまりさせない豆を使う)

 

あとがき

ブルーボトルコーヒー、ちゃんと飲んでから、書こうと思っていたんですけど、なんだか混んでるのもあって、なかなか足が向きません(笑)084160

でも、こうやってコーヒー文化で話題になるのは、なんかウレシイですよね。

日本の喫茶店のレベルの高さは、本当驚きですよ。

コーヒーって、アメリカやヨーロッパが本場だと思われていますが、その本場を越えてしまったのが、日本の喫茶店です。

個人的には、スタバなどのシアトル系コーヒーも実は、大好きです。
誰かと、おしゃべりしながら飲むのには、気楽でいいです。

でも、しっかりコーヒーに集中して味わいたい時は、喫茶店ですね。
豆の銘柄を指定できるなんて、こんな贅沢はありません(笑)

コーヒー(珈琲)に関しては、様々な投稿があります。 よろしければ、そちらもご覧ください。
コーヒー(珈琲)に関するミニ知識・効能や誤解など(目次)

  

スポンサーリンク

                                                               

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です